トップページ

オスグット病という病気をご存知でしょうか。

あまり病名自体はあまり知られていないと思います。

オスグット病…正式名称は「オスグット・シュラッター病(症候群)」と言います。

1903年、ボストンの整形外科医であったロバート・ベイリー・オスグット・チューリッヒの外科医カール・シュラッターが、時を同じく別々に発表したことから、名付け慣れた病名なのです。

一般的に、オスグット・シュラッター病は小学校高学年から中学生…特に、運動することが大好きなスポーツ少年少女たちに発症する病気です。


「成長期になると膝がきしむ」と言いますが、オスグット病は異質の症状だと言えます。

オスグット病の問題点は大腿四頭筋の前面部分、つまり太腿の筋肉緊張から痛みが発症することです。

大腿四頭筋は4つの筋肉群から構成されています…大腿直筋・外側広筋・中間広筋・内側広筋…

この4つの筋肉群は、すべて膝蓋骨(しつがいこつ)に付着しています。

また膝蓋靭帯(しつがいじんたい)を通して、脛骨粗面(けいこつ)に付着しています。(膝蓋骨=三角形の骨で、大腿骨に繋がっています。

膝の前面を保護していることから、膝の皿とも呼ばれています)。つまり「膝の下部分(お皿)が膨らむ」=脛骨粗面が膨らんでしまうことを意味します。

では何故、脛骨粗面が膨らむとちょっとした運動をする時でも、強い痛みを生じるようになるのでしょう。

大腿四頭筋は膝の柔軟性=膝を伸縮させる筋肉です。

もちろん、思い切りジャンプする・ダッシュする時に使われる筋肉です。

また、逆の動きとしてブレーキ・クッション(急に動きを止める等々)の役割も担っています。

また大腿四頭筋は、人間の歩行姿勢=立っている状態の時、膝が曲がらないように伸ばす役割も果たしています。

このように大腿四頭筋はスポーツに限らず日常生活において、常に働き続けている筋肉だと言えます。

その大腿四頭筋が付着している脛骨粗面…当然、負担も大きくなります。

そして筋肉が収縮する時(膝を急激に強く曲げる)、膝蓋靭帯が引っ張られる=脛骨粗面に過負荷がかかる…つまり、過負荷が痛みに繋がってしまうのです。これが、オスグット・シュラッター病なのです。



子どもたちが、毎日激しい運動・スポーツをし続けていると、絶えず膝回りの筋肉の付着部分が引っ張られます(伸縮)。

そして膝に負荷が掛かり過ぎることで、膝下の骨が隆起・脛骨粗面が剥がれてしまう…これが、オスグット病です。

オスグット病の原因は、成長痛だと言う医師もいます(これについては、様々な意見があります)。

仮にオスグット病=成長痛であるならば、小学生〜中学生にかけて、子どもたち全員がオスグット病を発症することになります。

しかし実際、オスグット病は発症する子どもと発症しない子どもがいます(オスグット病発症は、ごく一部の子どもたち)。

そういう観点からみると、オスグット病=成長痛と考えることは難しいような気がします。(ただしレントゲン撮影してみると、はっきりと成長軟骨部分が剥離している場合もありますが…)

オスグット病の病状は、子どもたちによって千差万別です。

膝下(お皿)部分を押した時痛みを感じる・激しく運動した後だけ痛みを感じる・歩くという行為自体に痛みを感じる(歩行困難)等々…(普通、安静を保つことで症状は和らぎますが、身体の回復力が低下している場合、長期間痛みを伴うこともあります)

そして、基本的にオスグット病は男の子になりやすく、女の子はなりにくいと言われています(女の子がオスグット病を発症した場合、回復に時間を要する傾向にあります)。

また、オスグット病を発症した子どもたちの身体を触診してみると、ある症状に気付きます。膝下部分だけが固いばかりでなく、身体の様々な関節部分=股関節・腰関節・肘関節・手首足首も固くなっています。

つまり、身体全体の柔軟性が欠如していると言えるのです。

身体を鍛えることは、子どもたちの成長過程の中で非常に重要なポジションを持っています。

しかし運動(=身体の緊張)をするばかりではいけないのです。

つまり、身体の緊張⇒弛緩も必要なのです。身体が未発達な段階で運動(身体の緊張)だけを行うから、オスグット病に拘わらず様々な病状を発症してしまう訳です。

そうならないためにも運動をする前・した後には、必ず筋肉の弛緩が必要なのです(=ストレッチ)。ストレッチをすること=柔軟な筋肉と関節…そうすれば、怪我もしにくくなり疲労も軽減されます。


オスグット病の確率が高いと思われる症状として、下記の事が挙げられます。

○身長が1ヵ月に1cm以上伸びている時の膝痛(急速成長期)。

○運動をしている時だけ、膝の痛みがある(それも徐々に痛さが増している)

○脛骨粗面を押すと痛みが走るが、その他の部位は痛みを生じない(脛骨=膝から足首までを構成している骨)


膝を曲げると痛い・正座が出来ない・走る・ジャンプが出来ない・体重をかけるだけで痛い・階段の昇降が出来ない・膝を触るだけで激痛が走る等々…オスグットが酷くなると、松葉杖をしないと歩けなくなる場合も…。

みなさんも子どもの頃を思い出してみてください。膝のお皿部分が、痛くなったことがありませんでしたか。


それらの症状は適切な施術で改善可能です。

我慢しないで楽しい学校生活を送らせてあげましょう。