トップページ

腰痛 あなたは大丈夫ですか?

ぎっくり腰は癖になるってよくいいますよね?どうしてだと思いますか?

癖になるのではなく、ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているからなのです。

ぎっくり腰だけではなく、腰痛は年齢と共に現れるものでもありますが、姿勢や生活習慣が大いに関係しています。

すでに腰が痛い人も痛くない人も、これから痛い思いをしないよう、腰痛になりにくい生活習慣を送りましょう



腰痛になりやすい人、腰痛が慢性化しやすい人をまとめてみました。

・前傾姿勢でいることが多い。

・椅子に座るとき脚を組む癖がある。

・きつい下着をつけている。

・長時間座りっぱなしの仕事をしている。

・いつも同じ肩にバッグをかけている。

・重い荷物を持つことが多い。

・ほとんど歩くことがない。歩くのが嫌い。

※当てはまる項目が多い方は要注意!!

腰痛になりやすい人。

腰痛は国民病とも呼ばれています。腰痛になってからその原因を思い返すと、『あの動きが……』『あの姿勢が……』と、案外簡単に思い当たる節があるはずです。ちょっと気をつけていれば防げたものを、一瞬の気の緩みから、長く続く腰痛に悩まされることになってしまうのです。

・長時間座ったまま。

タクシードライバーさんや長距離ドライバーさん、デスクワークの方々などに腰痛持ちが多いことから、長時間座ったままの姿勢は腰痛になりやすいと言えます。

同じ姿勢で車を運転する方、パソコン作業などで、同じ姿勢で長時間デスクに向うことは腰痛になりやすいと言えます。


・姿勢が問題?

同じ長時間座るにしても、姿勢正しく座っていれば問題ないと思っている人もいるようです。腰に負担をかけないように座ることの出来るグッズなども数多く販売されていますが、姿勢も大切ですが、腰痛にとってネックになるのはやはり、『長時間座っている』と言うことです。

いくら姿勢よく座っていても、同じ姿勢を長時間続けると言うことは、限られた筋肉や骨格に負荷が継続的にかかると言うことです。

椎間板などで負荷を軽減しようとする働きが体にはありますが、継続的に負荷がかかるとそのバランスが崩れてしまい、その状態が継続されることで負荷がかかっている筋肉は固まってしまい、負荷軽減の起こっている筋肉は弛緩したままになり、筋力も低下してしまいます。


・蓄積型の腰痛

デスクに向って座っているだけで、運動しているときのように筋肉を使っているという自覚はないでしょう。
大きな筋力は必要としませんが、座っていても筋肉を使っています。

動かないまま継続的に筋肉を使っていると、知らず知らずに筋肉疲労が蓄積され、最終段階で初めて『腰痛』として症状が表れます。

もちろん座りっぱなしの仕事だけではなく、同じ姿勢で立ちっぱなしの仕事でも、こうした蓄積型の腰痛になりやすいと考えておいた方がいいでしょう。


・主婦の方も要注意!

家庭で家事をこなす主婦の人も、蓄積型の腰痛になりやすいと言えます。

料理や掃除で前傾姿勢を継続してとることが多く、デスクワークと同じ原理の負荷が腰周辺にかかってしまいます。

家の中を動き回って掃除機をかけたり拭き掃除をしたり、洗濯をして干し、取り込んでたたみ、家族のために料理を作る。一見動き回っているので座りっぱなしより楽なのではないかと思いがちですが、動きながらも腰にかかる負荷は常に継続しているので、デスクワークで座りっぱなしでいるよりも肉体疲労は大きくなるでしょう。

力仕事をしているわけではないからと油断をしていると、最終的には腰痛として症状が表れますので注意が必要です。


・重い荷物

段差のある場所を重い荷物を持って上り下りしたり、重い荷物を持上げる時に、腰だけ曲げて膝を曲げずに持上げようとする人は、一瞬で腰痛持ちになる可能性大です。

これでは腰痛になるために膝を曲げないとしか言いようがありません。

重い荷物を持上げる時には、しっかりと膝を曲げてしゃがんでから持上げなければいけません。

また、重い荷物の受け渡しでも、段差のある場所で片足でバランスを取りながら受け渡ししたり、体をひねった状態で、腕を伸ばして受け渡しをするなど、腰痛を引き起こしやすい体勢と言えます。

きちんと正面を向いて、腰に負担がかからない自然な姿勢で行いましょう。

腰痛の種類

ぎっくり腰

ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。

ぎっくり腰はどうしたら起きるということがありません。原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えた方がいいでしょう。

腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛です。

突然腰に激痛が走り、その場から動けなくなる。

ぎっくり腰と呼ばれるものは、検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が認められませんし、神経痛も発症しません。

こうして、目立ったものがないにも関わらず、腰痛の症状がある場合には、ぎっくり腰や急性腰痛、椎間捻挫などの症状名がつけられることになります。


どうして痛くなる?

ぎっくり腰になった人の数だけ原因があると先に紹介しましたが、ぎっくり腰になる原因の多くは3つ挙げられます。

ぎっくり腰になる原因として、根本的な原因になっているわけではなく、様々な要因が絡みあい、ぎっくり腰という結果になってしまいます

・筋肉疲労

まず1つ挙げられるのが、筋肉の慢性疲労です。

ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。

中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。

これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えるでしょう。

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。

それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです

・骨格の歪み

ぎっくり腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。

私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいることが多いでしょう。

こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。

使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。

こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。

・いきなりの過負荷

若い人やスポーツ選手に多いぎっくり腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がったときなど、止まっている状態からいきなり動いたときや、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

・その他の原因

ぎっくり腰になる原因として考えられるものは、上記したものの他に、体重や筋肉のバランスや生活習慣、または生活環境、体質なども考えられます。

ここで紹介したものはあくまでも代表的なものであって、必ずしもこれらがあてはまるという人がいないことも確かです。

ぎっくり腰の発症に大きく関係していることは確かですが、ぎっくり腰の種類は人それぞれなのです。


・椎間板ヘルニア

ぎっくり腰が症状名に対し、椎間板ヘルニアは病名です。

立派な病気ということです。

腰痛の痛みと共に、神経が圧迫されることによる痺れも同時に起こります。

腰痛と椎間板ヘルニアは同じ腰の痛みでも、そのメカニズムが根本的に違います。

椎間板ヘルニアは腰痛と違い、腰椎椎間板が突き出ていて、脊髄中枢神経や末梢神経が圧迫されている状態と言われています。

椎間板とは、腰椎の間にあるクッションの役割をしているもので、背骨にかかる負荷を軽くしているものです。

構造については中心に髄核があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨があります。

髄核を餡、繊維輪軟骨を大福の皮にたとえて、大福餅に例えられています。

椎間板全体が負荷を軽くしているのではなく、中心にある髄核がクッションの役割をし、繊維輪軟骨が髄核を保護している形になります。

ヘルニアって?

椎間板ヘルニアは、上記の椎間板がヘルニアを起こすと言うことですが、ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。

ですから、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。


椎間板ヘルニアの痺れ

椎間板ヘルニアには痺れがつきものですが、痺れの正体は何なのでしょうか?

椎間板ヘルニアは、ヘルニアの状態にある椎間板が、脊椎の神経を圧迫するために痺れが起こります。

痺れの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。

脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という太い神経と、脊髄中枢神経から枝分かれして、身体の各末梢に走っている抹消神経があります。

斜め方向にヘルニアが起こり、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、その末梢神経が支配している方向の部分が痺れます。

痺れの範囲は、ヘルニアが接触する程度が低いと臀部や太ももに痺れが出、脊髄中枢神経を圧迫するように真後ろにヘルニアが起こると、左右両方の末梢神経が支配する部分に、同時に痺れが起こります。


どんな痛み?

椎間板ヘルニアになると、ぎっくり腰のような激しい腰痛と、ヘルニアによる下半身の痺れが同時に起こります。

手術は必要?

椎間板ヘルニアになったら、手術をしなければいけないものなのでしょうか。

確かに1度飛び出してしまったヘルニアを元に戻すことは難しいことです。

ですが、手術をしなくても、痺れや痛みをを抑えることは十分に可能です。腰痛は手術しなくても改善は可能です。

腰椎分離症・・すべり症

腰椎分離症や脊椎すべり症は、年配者に多い腰椎疾患です。

病気の原理は椎間捻挫とほとんど同じで、外的な主な原因は腰椎がずれる(すべる)ことで痛みが発症します。

ぎっくり腰と大きく違うのは、滑ってずれた腰椎が元に戻らずに、ずれっぱなしということです。これが、腰椎分離症とすべり症の大きな特徴と言えるでしょう。


分離症とすべり症の違い

腰椎分離症とすべり症は、症状が似ているために、同じようなものだと誤解している人も多いのですが、根本的に違う原因になります。

腰椎分裂症の場合、椎骨棘突起が折れてしまい、腰痛が起こります。脊椎すべり症の場合、椎骨がすべることによって腰痛が起こります。

こうした根本的な原因の違いがありますが、症状的に違いがありません。




トップページ